So-net無料ブログ作成

トコドコ第2号 先行配布! [NEWS]

SN3R0425.jpg

トコドコマップ第2号、ついに完成しました!
今日、6/17(日)は「エコトコ ファーマーズマーケット」の開催日。
トコドコ掲載のほったらかし農園さん、corotさんも出店されています。

そういう訳で、今日は限定50枚を会場にて特別先行配布しました。
手に取られた皆さま、いかがでしたでしょうか?
どうぞこのマップを手に、ノンビリと一軒、一軒回ってみて下さいませ。

「所沢にこんなところがあったんだ。こんなところにこんなお店が…」
そんな発見がいっぱいあるかと思います。
所沢の重箱の隅をつつく、そんなマップの完成です!





第2号 完成真近! [NEWS]

002.JPG

紆余曲折、艱難辛苦を乗り越え(?)ようやく、所沢クラフトマップ「トコドコ」第2号、
が完成の運びとなります!
写真は試し印刷のプリントです。(実際の用紙は異なります。)

3月発行を予定しておりましたが、諸事情により大きくづれ込み、6月発行と相成りました。
気にかけて下さっていた方々には大変、申し訳ありませんでした。
6月中旬~末には皆さまのお目に触れることになるかと思います。

マップのつくりは前号と同じく、白黒印刷。正直、お粗末です。
でも、それで良いと思っています。
第1号を出す時、スタッフで話していたのは-
「わら半紙にガリ版刷りでもいいから出したい!」という熱い思いでした。

「手づくり、ハンドメイド」にこだわったマップだからこそ、素朴で手仕事の温もりが
伝わるようなマップにしたい・・・という思いが込められています。
「立派なつくりや見栄えよりも、内容や伝えたいという思いが大事」。
それはスタッフの共通した思いでした。
「しょぼいね」と一言、言われたこともあります。が、それは大いに褒め言葉として
受け取っております。

地域の食とモノと暮らしを考える、そんなきっかけに、このマップがなれば、それで
冥利に尽きるというものです。

ではでは、トコドコマップ第2号、楽しみにしてお待ち下さいませ!!






第2号に向けて再始動! [NEWS]

mini_120128_2103.jpg

2010年の秋に第1号がこの世に出されてから、一年以上の月日が流れました。
その間、大震災があったり、原発事故があったり、世は大きく変わったように
思われます。
制作スタッフたちも個人的に仕事であったり、家事であったり、自分の生活で
あったり、様々な事情を抱え、第2号発刊に向けての動きはだいぶ緩やかなもの
になっておりました。そして、こちらのブログの更新も-。

先日の1/28(土)に久々に「集まれる方だけでも、集まりましょう」とのお声掛けに、
スタッフを含む5名の方が集まり、ささやかな新年会を催しました。
第1号マップの感想や見直す点、改善すべき点など、盛んに意見が交わされました。
話は「所沢ってどんな街?」、「地産地消」「モノ作り」などへ及び、少人数ながら、
熱いトークに花が咲きました。

「新たな地域コミュニティーの創出」
なんていうと、いかにも堅苦しい感じがしますが、マップを通して緩やかなコミュニティー
が所沢に出来つつあるな~と思いました。お互いのジャンルの違いこそあれ、初対面の
方々がこんなに参加意識を持っているということに、スタッフとしても感心、感激致しました。

mini_120128_21020001.jpg

「所沢ってつまらない街?」
「いや、知らないだけじゃん」

そんな重箱の隅をつつくような、「こんなところにこんなところが!」という、所沢の面白い
場所を再発見、発掘すべく第2号の制作、再始動致します!






所沢から被災地へ チャリティーイベント開催 [イベント情報]

2005_0101_000000-P1010589.JPG
〈写真〉所沢から届け!

未曾有の大震災が起こりました。
東北地方では未だ、困難な生活を余儀なくされている方が大勢いらっしゃいます。

ここ所沢付近においては食料品やガソリンについての流通事情はいくぶんか解決に
向かっている様子ですが、電力不足による計画停電もあり、不安定な日々が続いています。
被災地、そして皆さまがご無事でありますようお祈りするばかりです。

この今の状況において、「何か私たちにできることはないか…」と所沢市民有志の方たちが
立ち上がり、チャリティーイベントが急遽決まりました!
その名も 『TEAM がんばれ NIPPON』
生ライブ、フリーマーケット、移動カフェ、コーヒー屋さん、ライブペイントなど内容も盛りだくさん。

今回のイベントの収益は被災地への義援金として全額寄付することになっています。
「支援したいけど、何からしてよいか分からない・・・」と思っている方も多いと思います。
今度の日曜日、とりあえずでも、足を運んでみませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●東北関東大震災 被災者救済チャリティーイベント

日 時:4月3日(日) 11時~日没終了

場 所:和の器 Chocolate cosmos
     所沢市寿町21-13 電話:04-2939-7759 
     所沢駅西口より徒歩約10分 銀座通り りそな銀行隣り
     http://www.chocolatecosmos.jp

内 容:・フリーマーケット
     ・移動カフェ
     ・コーヒー屋台
     ・ライブ演奏(ジャンベ、シタール、マリンバ) 
     ・ライブペインティング 
     ・フェイスペイント
      その他
 
主 催:TEAM がんばれ NIPPON チャリティイベント実行委員会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     





Gift Earthの映画コラム [最近の話題]

20110305-SOW_flyer[1].jpg

ユサブル シナジナ Gift Earthさんのホームページ、ブログをご覧になったことがあるでしょうか?
毎回、気になる映画を紹介しているコラム『寄り道シネマ』で今、こんな映画を紹介しております。

レイチェル・カーソンの感性の森』という作品です。
詳細については、Gift Earthさんのブログから読んで頂くとして、「是非、トコドコのブログをご覧に
なっている方にもご紹介したい!」ということで、ご希望を頂きました。

世界で初めて、科学物質による危険性を告発した
科学者であり、作家でもあるレイチェル・カーソン(米・1907-1964)。
もし、そんなことを公にしたら当然、業界から激しいパッシングを受ける。
そんな葛藤と、本当に大事にしなければいけないものとは何か…、
詳しくは下記を!

★映画『レイチェル・カーソンの感性の森』公式HP
http://www.uplink.co.jp/kansei/

●ユサブル シナジナ Gift Earth (実店舗はありません)
http://www.giftearth.net/







Anikulapo【ドコドコ掲載店】 [トコドコ掲載店めぐり]

1-4.jpg

小手指駅北口から歩いて5分。
裏道にある、ちょっとかわったデザインのお店が
オリジナルハンドメイドのアクセサリーショップ
Anikulapo さんです。

1-2.jpg

お店を開いて、8年。
始めは、10人ほどのクラフトマンの作品と、ご自身の作品を
販売していたのですが、少しずつ、ご自身のアクセサリーのお店として
変化してきました。

1-9.jpg

繊細なデザイン。
大胆なフォルム。
はかなそうな形。
元気がでる色。

いろいろあるのに、しっかりと根っこがある。そんな気がします。
Anikulapoのアクセサリーは、つけることが楽しみになるものばかりです。

1-7.jpg

オーナーの西野与吟さんは

「アクセサリーは、他のオブジェと違い、人が身につけてくれて
はじめて完成されるもの。
だから、いろいろなシテュエーションを考えながら、カタチを作っています。
しっかりとデザイン画を描いてから、作り始めるときもあれば、
作りながらカタチが出来てくることもある。ほんとうに面白い仕事です。」
と語ります。

お店を始める前はどのようなことをしていたのですか?

「絵を描いていました。でも、絵を描くことって、とても孤独な作業。
アクセサリーは、作るひとがいて、つけるひとがいる。
なんとなく、つながっている気がするから楽しいんだよね。
でも、今でも、好きで描いているんです。絵本を作りたいと思って。」

1-6.jpg

見せて頂いた絵本。
『Pica Pica』
とても、すてきな絵本でした。
トーンが控えめで、だからこそ、中にあるメッセージが静かに心に
染みてきます。

1-5.jpg

一緒にアクセサリーづくりをしている小川君。
6年まえから、少しずつ、彫金の技術を学び、Anikulapoのスタッフ
として働いています。もすこししたら、小川君のオリジナルも出るのかな?
楽しみです。

1-3.jpg

与吟さんに、これからの夢を話してもらいました。

「うううん。南の島で、絵を描きながら暮らしたいかなあ。
作家として生きて行きたい。なんの作家、というより
ジャンルが『与吟』っていうね。」

私は、与吟さんのアクセサリーのファンですけれど、
今日からは、いつか生まれるであろう、『西野与吟』の世界のファンに
なるだろうなあ、と思ってしまいました。

好きな石を選んで、あなただけのアクセサリーも作ってもらえます。
ほかにはない、自分だけのデザインをきっとみつけられるはず。
是非、たずねてみてくださいね。

トコドコNO.2
●Anikulapo
住 所:所沢市小手指町1-38-25 
電 話:04-2939-8885
営業日:火〜日 営業時間 10:00〜19:00
ホームページ:http://www.anikulapo.jp




四畳半ロック ライブ mountain cafe [イベント情報]

yojouhan.jpg

新所沢のオーガニックカフェ ”mountain cafe"さんにてライブ決定!

四畳半ロック ライブ!
日 時:2月20日(日)
     19:00-OPEN 19:30-START

チャージ:無料  オーダー+投げ銭を!

場 所:mountain cafe
     所沢市緑町1-17-11-1F
TEL:04-2928-2719
     http://www.mountain-cafe.com/


<出演>
G&VO/松しょう(マツナガショウイチ)
G&VO/家出
Per /ホセ加藤(ex:一級河川荒川団)

●プロフィール
松しょう
どんぐりの苗を植える活動を通し、縄文文化に想いを馳せる50代。
山の中で火を炊き、歌を歌うのをバーべQとし、それなら、都会の中でも
皆が膝を突き合わして何かを語らうのもバーべQではないのかと、
「日本バーべQ連盟家元」を名乗る。「らいぶかふぇ松's」初代オーナー。
2007年、八代亜紀に楽曲を提供。





ブーランジェリカフェ クレーる [トコドコ掲載店めぐり]

9-10.JPG

新所沢駅から行政道路に抜ける、けやき並木を少し入った所に、パンやさん、
ブーランジェリカフェクレーるはあります。

9-1.JPG

店内には、様々な種類のパンが並びます。

9-3.JPG

マスターのこだわり。
ショートニングや、マーガリンを使わず、イーストフード、保存料なども使っていません。

9-7.JPG

店内のカフェスペースで、ランチタイムには手作りのスープランチがあります。
色々な種類のパンの盛り合わせがとても美味しくてお得です。

9-9.JPG

マスターの経歴はとても面白い。
お父様の家業であった配管の仕事を継いで、社長として現場の世界に身を置いて
いたというのです。
でも、職人の仕事はどんなに腕が良くても縁の下の力持ち。
なにか物足りない想いがしていた、と三上さん。

30代になって、むずむずと、パン職人の道への気持ちが沸いてきて、
とうとう、大好きだったパンの道に方向転換。
パンづくりの学校に通いながら、東急ホテル(セルリアンタワー)に修行にはいりました。

何故、パン屋さんに?という質問に、
「だってね、パンが大好きだったんだよ。」と、にこにこ語る三上さんの笑顔は、
私にはまるでアンパンマンのように見えました。
そして、とうとう2年前にパン屋さんを開店してしまいました。

9-4.JPG

奥様は、
「結婚当初はお店をひらくなんて、思ってもいなかったのよ。」と。
でも、この笑顔は、お客さんの心をふんわり包んでしまう、カフェのママさんの
素質一杯です。

9-2.JPG

「なによりも、お客様がおいしい、と言ってくださることがうれしい。」
と語る三上さんご夫妻。

奥のキッチンで働くマスターはちょっと怖い顔。
でも、パンのことならニコニコ顔になっちゃいます。

公園の帰り道、ちょっと足を伸ばして、おいしいパンを買いにいらっしゃい
ませんか?


トコドコNO.4
●ブーランジェリ カフェ クレーる 
住 所:〒359-1111 所沢市緑町3-16-13
電 話:04-2907-0090
定休日:日・月 
営業日: 火〜土 11:00〜19:00




ファルマでハートギフト展 [イベント情報]

2.2.4.jpg
今週土曜日まで(2月5日)、航空公園のファルマさんでGift Earthのハートギフト展を開催しています。
2.2.1.jpg
「考えてるね」と思わせるプレゼント。
世界中から集められた、器や食品、衣類、布などなど。
センスの良いしなじなです。
2.2.3.jpg
同時に、フェルト作家さんの作品、洋服なども展示しています。


●Gallery&Cafe forma(ファルマ)
住 所:〒359-1112 所沢市泉町914-17 千雅堂1F
TEL:04-2933-6800
営業日:火〜土 11:00〜17:00 
定休日:日、月




オギノエン・ファーム [トコドコ掲載店めぐり]

トコドコマップ参加メンバーのご紹介−1

オギノエン1.JPG

まず初めは、Map No.1のオギノエン・ファームさんです。
ご主人、荻野茂喜さんはお茶づくりの3代目。
お母様、奥様、二人の娘さんと息子さんが、一緒にこの農園を運営しています。
たのもしい限りですね。

狭山茶の生産農家として、平成2年から無農薬でのお茶の栽培を開始。
以来、有機農業、無農薬栽培のお茶を提供しています。
所沢市内で、貴重な無農薬のお茶を手にいれることが出来ることに、感激
です。おいしいです。

お訪ねした日、収穫された人参を水洗いしている奥様と娘さん。大変な作業です。

オギノエン6.JPG

畑では、やはり安全な野菜、大豆、麦、陸稲を栽培していて、現在は近隣の幼稚園の
保護者等に向けて、販売もしています。
おねえさんが、白菜の出荷準備中。

オギノエン8.JPG

お母様も、お元気です。大豆の選別をしていました。
いつも、おいしいお茶をいれてくださいます。

オギノエン5.JPG

荻野さんの、やりたいことリストをうかがうとワクワクします。
石窯を作り、地粉でパンを焼く。
大麦を作って、地ビールをつくる。
農家レストランをひらく。
エコビレッジをつくる。などなど。

オギノエン9.JPG

所沢の市街を少しはずれると、こんなに豊かな自然がまだまだ残っています。
農家さんと、市民がもっともっと近い関係になって、所沢の食の環境がもっと身近な
ものになるといいな、と思っています。
是非、おいしくて安全なお茶を召し上がれ!

オギノエン3.JPGあんこちゃん
オギノエン7.JPGきなこちゃん
お茶に合う!!

トコドコNO.1
●オギノエン・ファーム
住 所:〒359-1166 所沢市糀谷193 
電 話:04-2948-2693
営業日:不定休