So-net無料ブログ作成

Anikulapo【ドコドコ掲載店】 [トコドコ掲載店めぐり]

1-4.jpg

小手指駅北口から歩いて5分。
裏道にある、ちょっとかわったデザインのお店が
オリジナルハンドメイドのアクセサリーショップ
Anikulapo さんです。

1-2.jpg

お店を開いて、8年。
始めは、10人ほどのクラフトマンの作品と、ご自身の作品を
販売していたのですが、少しずつ、ご自身のアクセサリーのお店として
変化してきました。

1-9.jpg

繊細なデザイン。
大胆なフォルム。
はかなそうな形。
元気がでる色。

いろいろあるのに、しっかりと根っこがある。そんな気がします。
Anikulapoのアクセサリーは、つけることが楽しみになるものばかりです。

1-7.jpg

オーナーの西野与吟さんは

「アクセサリーは、他のオブジェと違い、人が身につけてくれて
はじめて完成されるもの。
だから、いろいろなシテュエーションを考えながら、カタチを作っています。
しっかりとデザイン画を描いてから、作り始めるときもあれば、
作りながらカタチが出来てくることもある。ほんとうに面白い仕事です。」
と語ります。

お店を始める前はどのようなことをしていたのですか?

「絵を描いていました。でも、絵を描くことって、とても孤独な作業。
アクセサリーは、作るひとがいて、つけるひとがいる。
なんとなく、つながっている気がするから楽しいんだよね。
でも、今でも、好きで描いているんです。絵本を作りたいと思って。」

1-6.jpg

見せて頂いた絵本。
『Pica Pica』
とても、すてきな絵本でした。
トーンが控えめで、だからこそ、中にあるメッセージが静かに心に
染みてきます。

1-5.jpg

一緒にアクセサリーづくりをしている小川君。
6年まえから、少しずつ、彫金の技術を学び、Anikulapoのスタッフ
として働いています。もすこししたら、小川君のオリジナルも出るのかな?
楽しみです。

1-3.jpg

与吟さんに、これからの夢を話してもらいました。

「うううん。南の島で、絵を描きながら暮らしたいかなあ。
作家として生きて行きたい。なんの作家、というより
ジャンルが『与吟』っていうね。」

私は、与吟さんのアクセサリーのファンですけれど、
今日からは、いつか生まれるであろう、『西野与吟』の世界のファンに
なるだろうなあ、と思ってしまいました。

好きな石を選んで、あなただけのアクセサリーも作ってもらえます。
ほかにはない、自分だけのデザインをきっとみつけられるはず。
是非、たずねてみてくださいね。

トコドコNO.2
●Anikulapo
住 所:所沢市小手指町1-38-25 
電 話:04-2939-8885
営業日:火〜日 営業時間 10:00〜19:00
ホームページ:http://www.anikulapo.jp




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0